筒井康隆の「にぎやかな未来」が現実になる日

副業・ビジネス

私は製造業の設計として働きながらサラリーマン卒業を目指してネットビジネスを学んでいます。

以前は不動産投資で目指していました。
しかし、資金面で挫折して今は物件を1件のみ所有して規模の拡大は行っていません。

そして、新たにゆいさんをメンターに仕組み化やネットビジネスの勉強に没頭しています。

 

今回は筒井康隆の「にぎやかな未来」という小説が

現実になりそうでちょっと怖いなって思った話です。

 

まさか、筒井康隆でブログを書く日が来るとは思っていませんでした。

実は世の中は実際にそんな世界に向かっていると私は思っています。

 

私は叶えたい夢のひとつに

無音の一人の時間が欲しいというものがあります。

 

私は物事を考えて成長するのに無音の一人の時間が必要だと思っています。

現実、なかなかそんな時間や場所は取れないですよね。

 

もちろん、会社では無理ですし、

家に帰れば家族がいて自分の部屋にこもったら嫌味のひとつも言われる。

 

それどころか、マイホームのローンを払って一国一城の主のはずが、

自分の部屋は無く、城は妻と子供に占拠されてる、みたいな。

 

私です(笑)

 

在宅ワークとかテレワークって独身ならともかく、

家族がいたら難しいですよ。

 

お父さんだって一人の時間と空間が欲しいですよね。

 

贅沢はいいませんワンルームでもいいんです。

できたら1LDK。

 

将来、自分が集中して考えて仕事ができる場所が欲しいんです。

あと、ガレージにバイクに車に。。。

 

それは、おいておいて、

これを思うときにいつも思い出すものがあるんですよ。

 

筒井康隆の「にぎやかな未来」というSF小説。

初版は1972年です。

 

約50年前のSFです。

 

小説といってもショート・ショートといって5分もあれば読めます。

全然、本を読まなかった高校生の私でも読めた作品です。

当時は読んでいたら賢く見えるだろうと思って読んでました。

 

あと、星新一も面白かった覚えがあります。

実はkindleで再版されていたので早速買いました。

 

興味のある人は読んでみてください。

後でオチが出てくるので知りたくない人は先に本を読んでください。

ざっくり話すと、

舞台は政府の財政が悪くなって公共放送にまで

広告が入るようになった未来です。

 

主人公の独身男性は広告のおかげで働かなくでも部屋が用意され、

食べることに困ることもありません。

 

でも、常に色々なものに広告が入るんです。

男性がが音楽を聞こうと思いFM放送をつけると30秒に1回CMが入る。

 

街を歩いていても広告だらけで、色々な販促品が配られている。

販促品でもらったレコードを聞いてもCMが入っていて聞いていられない。

 

ついに、家にいるときレコードを聞くとき以外、

FM放送を消してはいけない法律ができました。

 

CMが嫌になった男性が好きなレコードを買って聞こうと思い、

500円札を持ってレコード店に行きます。

 

でも、レコードにもCMが入っているわけですよ。

200円なら30秒に1度、300円なら1分に1度。

 

店主に500円で買えるレコードを尋ねたところ、

500円だと5分に1回CMが入ると答えました。

 

500円しかないので仕方なくそのレコードを買いましたが、

CMの無いレコードが気になり値段を店主に聞いてみました。

 

すると、店主は10万円と答えました。

 

さすがにそんな大金は出せないと男性は思いましたが、

どんな曲が入っているのか気になったので聞いてみました。

 

店主は答えは「無音です。」

 

まあ、これがオチなんですが、

これって、なんか身近に感じませんか?

 

テレビを見たらCMが入り、

ネットを見たらあちこちに広告が貼られています。

 

YouTubeを見ても広告だらけ。

広告なしで見ようと思うとお金が必要。

 

そして、働かなくても生活できるって最近よく聞くベーシックインカムですよ。

 

色々な作業が人から機械に変わって人間のすることが

無くなっていくと言われています。

 

だから、このベーシックインカムを本気で考えている国もありますよね。

 

今、時給が非常に安いとか仕事が無いっていうのは、

既にそういう時代に突入しているってことです。

 

私は仕事と作業を分けて考えています。

仕事は掛け算、作業は足し算。

 

これからは掛け算ができる人だけが仕事をすることになると思っています。

そして、人からサービスを受けるということが高価になるでしょう。

 

もう、何でも二極化してそうなってきていますよね。

 

例えばマッサージ。

最近は1時間2980円とかめちゃくちゃ安くなりましたよね。

昔の半額以下です。

 

そのうち、優秀なマッサージチェアに置き換わっていくと思います。

人がそれで収入を得たければ機械と同じ給与しかもらえなくなりますよね。

 

そんな働き方は無理でしょう。

 

真逆で人によるホスピタリティが重視されると思います。

人が満足感のあるマッサージをしてくれるわけです。

 

人からサービスを受けるのが贅沢になるでしょうね。

といっても、ごく一部の人が仕事にありつけるだけで給与も安いと思います。

 

こんな話を妻にしたら、ありえないと笑われましたが、

私は本当にそんな未来が来ると思っています。

 

そんな時代が来ても仕事ができる人は、

 

自分のメディアを持つ人

暇な人を楽しませるコンテンツが作れる人

Wantsを生み出すマーケティングができる人

 

こういう人だけが仕事をすることになると思います。

 

今はまだ自分から情報を断てばCMにさらされることはありませんが、

将来は「にぎやかな未来」が待っているように思います。

 

仕事も無くCMにさらされる日々。

排除しようと思うと大金が必要な世界。

 

なんか本当にそうなりそうな勢いでしょ?

ちょっと怖いなって思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログの感想とか質問をTwitterメルマガの返信でもらえると嬉しいです。
気軽に質問とかしてください。

ネットビジネスでサラリーマン卒業を目指すための有料級情報はメルマガで配信中。
今なら期間限定で初心者でもネットビジネスの始め方が分かる書籍
『初心者でも分かる「仕組み化×マーケティング」』をプレゼント!!