プロフィール

トップ

このブログの思い

こんにちは、 サラリーマン卒業を狙うびんちゃんです。
大阪北部で製造業のエンジニアとして働きながら賃貸経営を行っています。

不動産投資家としてはまだまだひよっこです。
でも、いちサラリーマンとして他のサラリーマンの方にも現状を知って未来を想像してもらいたいと思っています。

正直言って多くのサラリーマンの未来は明るくありません。
だからこそ副業を持つ、サラリーマンを卒業するなどのサラリーマン収入だけに依存する生活から脱却して欲しいと常に思っています。

私のサラリーマンの年収は540万です。

44歳で残業・休日出勤ナシなので恵まれているほうだと思います。
でも、これからの昇給ペースと増税や社会保障費の負担増を比較すると、このままサラリーマン収入のみに依存していくと下流老人確定です。

私はイヤです。

好きなバイクや車も乗りたいし、海外旅行も行きたい、娘に学費のことで悩ませたくない、妻にも生活費で悩ませたくない。

多くの方も同じ思いだと思います。
だから、一人でも多くの人に副業を初めてもらいたいと思っています。

今、私の収入はサラリーマン収入に加え家賃収入70万、副収入60万を得ています。

これのおかげで生活に少しですがゆとりを持てました。
次に投資するための資金も少しづつ準備ができています。

そんな同じ思いの方のために不動産投資家やブログ、マネーリテラシーなど副業に必要な知識やサラリーマン卒業までの経験をブログに綴っていきますので宜しくお願いします。

小学校から大学卒業まで

小・中学校のころは学校の先生か公務員になりたいと思っていました。
しかし、あまり勉強が好きで無かったため高校の成績が先生になることは難しいことを物語っていました。
そこから英語が苦手でも行ける私学の工業大学へ行くことにしました。
正直、あまり大学に興味が無かったのですが周りから言われて何となくという感じでした。
しかし、今から考えれば大卒という資格があったおかげで、それなりに就職ができたことに感謝しています。

没頭していたのは中学生頃から流行りだしたマウンテンバイク。
プロになろうかとも思いましたが、そこまで頑張れるタイプでもなく行動できるタイプでもありませんでした。

大学に入ってから興味がバイクに移りツーリングなどに没頭していました。
おかげで卒業に6年もかかりました。

就職から1度目の転職

就職について興味がなく全く活動していませんでした。
そんなとき研究室の教授から「ここの会社に行ってみないか?」と言われて何となく就職しました。
入学したときは受験生の数がピーク、卒業するときはバブルが弾けて就職氷河期という最悪の時期でした。
それでも、当時の理系はまだまだ教授のコネで就職先がありました。

社会人になってからもバイクに没頭していました。
ツーリングとバイクのカスタムに没頭していたのですが、ひょんなことからロードレースにハマりました。
このロードレースが大変でした。
一人暮らししながらだと金銭的にかなり厳しいものがありました。

最初の会社に約5年勤めたのですが給与水準が低かったこと、将来の不安やロードレースの資金不足のため転職を決意しました。
残念ながら転職することになったのですが今でも私のエンジニアとしての基礎はこの会社で教わったことです。
思い返せば、本当にしっかりと仕事を教えてもらっていました。
本当に感謝です。

転職してから

2005年に新しい会社に転職しました。
当時はかなりブラックで始発出勤、終電帰宅、サービス残業と悲惨な職場でした。
この頃はこれが当たり前で頑張れば将来的に管理職に上がれて生活水準が上がると信じていました。
これは不条理だと考えることができなかったんです。
そう、思考停止になっていました。

2014年に昇進試験に合格しました。
しかし、このときに入社時と同じ個人の能力を測るテストを受けたのですが成績がかなり落ちていました。
この結果を見て、
「この会社で言われるがままに仕事をしていると自分のスペックが落ちてしまう。」
ということに気づき、自分のスペックを戻すには何をするべきかを考え始めました。

本当にこれはヤバイと思い自分を鍛えるため業務の改善を全力で行いました。
今まで手作業だったところを自動化したりパートさんに任せられるようシステム化したりしていきました。
結果、2年ほどで残業が無くなりました。
パートさんも優秀で凄く成長してくれました。
ここで待っていたのは残業が無くなったことによる手取り減少と会社に評価されないということでした。
この頃からメインの仕事から外され仕事が暇になりました。
これは想像していましたが本当にここまでやるとは思っていませんでした。
このことで会社の不条理さを痛感し、会社に依存しない生き方を始めることを決定的にしました。

さらに2015年頃、「このままバイクに乗っていてもジリ貧で思ったことができなくなる。」と思いました。
最初に手を出したのは株式投資。当時、乗っていたバイクや装備一式を全て売却して資金としました。
と、いっても独学でやっていても埒が明かず、どこかで学ぼうと考え不動産投資と株式・FXの無料講習会を受けてみました。
ここで気づいたのが「自分は不動産投資のほうが向いているのでは?」ということです。
実は2010年に自宅として戸建ての注文住宅を購入しました。
このとき、工務店さんとキッチンや壁紙、床材と色々打ち合わせたのですが非常に楽しかったのです。
運良く株はトントンで売却でき、これを足がかりに不動産投資の有償セミナーへ通い始めました。
ちょうどこの頃「金持ち父さん貧乏父さん」に出会いました。
ここから本格的にサラリーマン以外の道を歩み始めました。

不動産投資を始めて視野が広がったというか視点が増えました。

最初の物件を購入してみて

2016年に初めての物件を購入するとき、それはもう色々とあったのですが無事購入して入居付けすることができました。
でも、このときに痛感したのはやはりそれなりの資金が無いと賃貸経営は難しいと感じました。
また、賃貸を始めて感じたのが世間一般では不動産投資と言われているが、これは「賃貸経営」だということです。
東京築古組の代表 川村龍平氏の講義で聞いた「金の無いやつは不動産投資をしてはいけない。」という言葉が強く胸に刺さりました。ここから、どうやって資金を調達するかということに専念しはじめました。

ファイナンシャル・プランナー

実は2007年に生命保険会社の担当者さんにライフプランを作成して頂きました。
それから、数年毎にライフプランの見直しをやってもらっています。
このことを思い出し2018年にファイナンシャルプランナー3級を受験、合格。
2019年5月には2級に合格。
ファイナンシャルプランナーの勉強を進めながら固定費の削減を実施しました。
住宅ローンの借り替え、自動車ローンの繰り上げ返済、携帯代の見直しなどで5万円/月の固定費削減に成功しました。

ファイナンシャルプランナーの勉強をしたことにより今後サラリーマンの給与だけでは老後どころか普通に生活できるかどうかも怪しいことを理解できるようになりました。
ライフプランを立てるとよく分かります。

そして、現在

現在はどうやって賃貸経営の資金を調達するかトライ・アンド・エラーを繰り返しています。
2016年に不動産投資セミナー講師のオファーを受けてトライしました。
でも、これはうまく行かず長続きしませんでした。
講師とは別に「記事を書いてみませんか?」というオファーもあり、この頃から漠然を文章を書いてみたいと思うようになりました。
本を書くには経験が浅くハードルが高く、アメブロなどもやってみました。
しかし、個人を特定できないように記事を書くと全く面白くありませんでした。

そんな中、Twitterでコマ社長と出会いました。
ここから本格的にTwitterを使うようになったところ僕より若い人たちが副業の世界で非常に頑張っていることを知りました。
ここからもう無理に副業について隠すことを止めました。
そして、2019年11月にWordpressでブログを開設しました。

今までの経験で企業というものは本当に得体の知れないものだと理解しました。
勤めている会社にもよりますが僕はこんなブラックボックスで得体が知れずリスクだらけのものに自分の人生を預けてはいけないと痛感して不動産投資などの副業をスタートしました。
今は生活に困らないだけのサラリーマン収入がありますが仕事として考えると転職は失敗でした。
でも、この失敗により生き方について考えるようになりました。

企業や政府に自分の人生を預けるほど危険なものは無いと考えています。
皆さんも是非、早いうちに始められるところから始めてください。

記事を読んでくださった方の一助になるよう自分の経験や失敗、サラリーマン卒業までを綴っていきますので宜しくお願いします。